UA値について

鳥越住建の家づくり

「断熱」へのこだわり

鳥越住建は、お客様の毎日の生活に寄り添い、夏は涼しく冬あたたかい、一年を通して、心地よく過ごすことができる家をつくっています。
みなさまが、家づくりを考える中でこだわっていることは何ですか?
ご家族でこれから長く住んでいく家だからこそ、「家の性能についてじっくり考えていただきたい」と私たちは思っています。「家の性能」を考えることは、その家での「毎日の暮らし」を考えることです。

住宅にはさまざまな、家の性能をあらわ性能値がありますが、ここでは、断熱性能をあらわす
「UA値」についてお話いたします。

みなさまは、こんな経験をされたことはありませんか?

暑い夏の日、
クーラーで冷えた部屋の窓を閉めて外出したのに、帰宅すると部屋の中が暑くなっていた!
寒い冬の日、
暖房で暖めた部屋の窓を閉めて外出したのに、帰宅すると部屋の中がとても冷たくなっていた!

これは、みなさまの外出中に、家の中と外で熱が移動していたから起こったことなんです。

モノは熱を通します。
家もたくさんのモノの集まりなので、熱を通します。
熱は温度の高いほうから低いほうへ移動して同じ温度になろうとします。夏は外の気温が家の中へ入ってきて部屋が暑くなり、冬は家の中の温かい空気が外へ出ていき、部屋が冷たくなります。

モノは熱を通します。
家もたくさんのモノの集まりなので、熱を通します。
熱は温度の高いほうから低いほうへ移動して同じ温度になろうとします。夏は外の気温が家の中へ入ってきて部屋が暑くなり、冬は家の中の温かい空気が外へ出ていき、部屋が冷たくなります。

家を建てるときに、家の中と外での熱の移動を断つために断熱をします。熱の移動を完全に断つことはできないので、可能な限り少なくするためです。

断熱は断熱材と呼ばれるものを使います。
外の空気と接している
外壁・床・屋根・天井・窓・ドアを断熱材ですっぽりと覆ってしまいます。

家をまるごと断熱することで、家の中と外での熱の移動を遮り、室内の温度が外の温度に影響されにくくなります。そのため、断熱をしっかり施した家の中では、夏は涼しくて冬あたたかい快適な生活を送ることができます。

断熱が十分でない家での生活は、熱の移動を遮るための断熱材の量が少ないので家の中と外で熱の移動がたくさん行われます。

外からどんどん熱が入ってくるので、室内を涼しく保つためには冷房をたくさん使い続けないと快適な温度を保つことができません。

暖房で温まった空気が外へどんどん逃げていくので、暖房をたくさん使い続けないと快適な温度を保つことができません。

一方、断熱をしっかり施した家での生活はたくさんの断熱材が熱の移動を遮るので、外へ出ていったり中へ入ってくる熱の量が少なくなり、少しの冷暖房で快適な部屋の温度を長く保つことができます。

家をまるごと断熱することで、家の中の温度差が少なくなりヒートショック (※) や熱中症の防止に繋がります。
冬に多くみられる窓辺の結露もできにくくなるので、体調不良やアレルギーの原因にもなるカビやダニが発生するのを防ぐことができます。
ご家族の健康のためにも、断熱をしっかりとすることはとても大切です。

※ヒートショック:
急激な温度差によって体に及ぼす影響のこと。
入浴の際などの温度差で血圧が急激に変化し、失神、ひどい場合には心筋梗塞・脳梗塞などを引き起こします。

「断熱をしっかり施してある家」をつくるためには

「断熱をしっかり施してある家」をつくるためには、2 つのポイントがあります。

ポイント①
断熱材の性能

断熱材の種類や原料、施工方法によって断熱性能はさまざまです。
断熱材の性能が良いものほど断熱効果は高い

ポイント②
断熱材の厚み

施工する厚みによって、断熱効果が変わります。
断熱材が厚いほど断熱効果は高い

断熱性能は良いものほど、断熱材の厚みは厚いものほど、断熱効果は高くなるので、断熱性能の高い断熱材を、たっぷり厚く、すみずみまでしっかり施工することが理想的です。

住まいの断熱性能をあらわすUA値

断熱効果を実感できるのは住み始めてからになりますが、家を建てる前にご自身が住むことになる家が「どのくらい断熱をしっかり施してある家なのか」を知ることができたら安心ですよね。
住宅一軒一軒の断熱性能をわかりやすく、きちんとした基準で判断するためにその家の断熱性能を数字であらわしたものが「UA 値」です。

家の中と外を移動している熱の量を数字にしているので

熱の移動が少ない

UA値が低い

断熱をしっかり施してある
(断熱効果が高い)

といえます。

UA値の計算方法

外の空気と接している、外壁・床・屋根・天井・窓・ドアから移動している熱の量を、その住宅の外気と接している部分のすべての面積で割った数値がUA値です。
UA値の数値によって、「どのくらい断熱を施してある家なのか」の判断ができます。
鳥越住建では、設計プランの作成と同時にUA値を計算し、ご提示いたします。UA値は計算方法が決められていて、公平に比較ができるので、各ハウスメーカーや工務店へ、設計プランのUA値をお尋ねすることをおすすめいたします。断熱は壁の中に施工するので完成してからは、簡単に確認や再度施工をすることができません。
これから先の「毎日の暮らし」を心地よく、ご家族のみなさまが健康に過ごすために、家づくりの段階で、家の断熱性能についてじっくり考えることはとても大切です。
そして、家の断熱性能について考える際には「UA値」はとても重要なキーワードです。

鳥越住建の家づくり

UA 値の目安となるものに、長期優良住宅の基準値があります。長崎県内の長期優良住宅の基準値は UA 値 0.87 です。
2020 年以降、新たに住宅を建てる場合には、この長期優良住宅の基準値 ( 長崎県内では 0.87) をクリアすることが必須条件となり、クリアしていない住宅は建てることができなくなります。
長期優良住宅の基準値の断熱性能は、住宅そのものと、そこで生活をする人たちにとって必ず必要な断熱性能です。

鳥越住建では、UA 値:0.6 を標準仕様として高断熱住宅をつくっています。

私たちは、これから先のみなさまの毎日の暮らしや健康のことを考えると、UA 値:0.6 の断熱性能は必要だと考えています。断熱性能が良くなるほど、結露の発生が少ないなど住宅そのものへの負担が少なくなるので住宅が長持ちし、お気に入りの我が家で長い間、健康で快適に暮らすことができます。

鳥越住建では、みなさまの夢や希望がつまった家を建てることはもちろんのこと、お気に入りの我が家での毎日の暮らしを、より健康で、より快適に過ごしていただくために、住宅の断熱性能を、現在の標準仕様の UA 値:0.6 よりもさらに高いレベルの UA 値 :0.3 に可能な限り近づくような家づくりをしていきたいと考えています。

UA 値:0.3 の家は、北海道の過酷な寒さにも耐えうる断熱性能を持つ家です。
( ※ 北海道の長期優良住宅の基準値は UA 値:0.46 )

みなさまにもぜひ、ご家族の健康やこれから先の毎日の暮らしのことを考え全国的にも高いレベルである UA 値:0.3 を目標に住宅の断熱性能について考えていただきたいです。

長期優良住宅は国が定めた省エネルギー基準をクリアした、長期にわたり快適に住むことができる家のこと。その基準の1つに「UA 値」があり、地域別で UA 値の値が決められています。

UA値 鳥越住建の「UA値 早見表」
0.3 鳥越住建がお客様にご提案したい断熱性能。
皆様と一緒に、全国的にも高いレベルの断熱性能を持つ家づくりをしていきたいと考えています。
0.46 北海道の基準値(省エネルギー基準)
0.56 東北北部の基準値(省エネルギー基準)
0.6 鳥越住建の標準仕様
0.75 東北地方の基準値(省エネルギー基準)
0.87 関東~九州地方の基準値(省エネルギー基準)
長崎県内で新築住宅を建てるなら必ずクリア

家づくりをお考えのみなさま、
ぜひ一度、ご検討されている住宅プランのUA値をご確認ください。

「もっと詳しく UA 値や断熱のことについて話を聞きたい、説明してほしい」「鳥越住建で、私たちが建てたいマイホームの設計をしてもらい、その家の UA 値の値を知りたい」とお考えの方がいらっしゃいましたら、お気軽にメールやお電話でお問い合わせください。